現在、朝ドラ「まんぷく」が放送されている中、2019年の朝ドラ次回作が前期後期ともに決まりました!

2019年前期の朝ドラ次回作は「なつぞら

2019年後期の朝ドラ次回作は「スカーレット」に決定しました!

それぞれのメインキャストやあらすじについて書いてきます!

関連記事はこちら

>>「まんぷく」朝ドラのキャストは?相関図やあらすじのまとめ!

>>まんぷくの再放送はいつ?どこで?今まで見ていない人が見る方法とは

>>「まんぷく」はつまらない!?みんなの感想や評価、視聴率は?

>>福田靖がまさかのパクリ!?名脚本家がやってしまった失態とは?

>>まんぷくのロケ地はどこ?和歌山、同志社、明治村、ホテルの舞台など!

2019年前期の朝ドラ次回作は「なつぞら」に決定!放送開始は4月1日!

20019年前半の朝ドラ次回作は、広瀬すずさん主演の「なつぞら」に決定しました1

戦争で両親を失った少女、奥原なつを広瀬すずさんが演じています。

舞台は北海道の十勝で、開拓精神あふれるたくましく優しい大人たちに囲まれ育てられたなつは、当時「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界に挑戦するという作品です。

脚本家、大森寿美男さんが手掛ける日本のアニメが確立される前の時代を真っすぐに生きるなつの夢と希望と愛と冒険の感動を描いたオリジナルドラマとなっており、記念すべき朝ドラ100作目です!

それでは、朝ドラ次回作「なつぞら」のあらすじを見ていきましょう。

2019年前期朝ドラ次回作「なつぞら」のあらすじ

1946年の初夏、戦争が終わった北海道十勝が舞台。

9歳の少女奥原なつは柴田剛男に連れられて、北海道の地にやってきます。

戦争孤児であるなつは、酪農一家である柴田家に受け入れられました。

なつの父と剛男は戦友で、もしもの時はお互いの家族を助け合うという約束をしていたので、なつを受け入れることになったのです。

ですが、剛男の父、泰樹は偏屈ものなので、なつのことを厄介者呼ばわりしますが、内心では不憫な子だと感じていました。

そしてなつも、覚悟を決めて柴田家に来ているので、牛馬の世話や乳しぼりなど、酪農の仕事を一生懸命にがんばります。

すると、その頑張りが泰樹の心を動かして、なつに生きるすべをとことん叩き込みます。

どんどん天真爛漫な子供心を取り戻したなつは、馬の絵を書く少年、山田天陽に出合います。

天陽から、当時アメリカではやっていた漫画映画の絵が動くという素晴らしい世界を教えてもらい、その道に行くことを決心します。

それからというもの、なつは絵を描く仕事に夢を持つ少女となりました。

すると、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされて、なつは東京へと旅立ちますが・・・

ここまでがあらすじです。

昔のアニメーション映画といえばディズニーですよね。

僕はウォルトディズニーさんの話は大好きなのですが、まだ日本では広まっていない手法だったので、非難も多かったことでしょう。

いまでもアニメは批判される対象になったりしますが、昔ほどではありません。

いまはもうアニメというものは日本を代表する文化となりました。

そんな日本のアニメ文化の最初の一歩を描いたなつぞらは、朝ドラ好きや広瀬すずさんのファンだけでなく、アニメ好きが見ても面白い作品なのではないでしょうか?

それでは、なつぞらに出演のキャストさんについて書いていきます!

2019年朝ドラ次回作「なつぞら」キャスト

奥原なつ役:広瀬すず

1937年生まれの戦争で両親を亡くした戦争孤児。

兄と妹がいるが、生き別れてしまっている。

父の戦友である柴田剛男に引き取られて、酪農一家の柴田家に迎え入れられます。

剛男の義父である泰樹のもとで牧場仕事を手伝っていくうちに、持ち前の明るさと元気を取り戻し、高校卒業後は当時草創期を迎えていたアニメーション制作の世界に飛び込みます。

北海道という大自然に囲まれて育った素晴らしい感性を生かして、アニメーターとして活躍していきます。

今作が朝ドラ初出演となる広瀬すずさんですが、これまでいろんな役を演じてきていますし、人気のある女優さんなので、演技のほうは心配ないでしょう。

奥原咲太郎役:岡田将生

なつの大好きなたったひとりの生き別れた兄。

歌とタップダンスが大好きな好青年。

両親を亡くしてからは、妹のなつと千遥の親代わりとして一生懸命に二人を育てました。

なつを柴田家に、千遥を親戚に預けた後は孤児院で過ごしますが、その後家出して行方不明となっています。

イケメンだし、演技力もある俳優さん。

新人ではありませんが、微妙にベテランでもない。

東京の街で出会うお兄ちゃん役には期待できそうですね。

スポンサーリンク


なつを育てた牧場の仲間たち

柴田泰樹役:草刈正雄

1902年の18歳の時に一人で十勝に入植し荒れ地を切り開き、稲作を試しますが根付かず。

その後、広大な土地を活用して酪農を始めることになります。

妻が病死しており、男手ひとつで富士子を育てます。

偏屈で頑固な性格ではありますが、愛情はとても深い優しい大樹のような人物。

なつに人生を生き抜くすべを教えていく師範のような人物になります。

草刈正雄さんが頑固おやじ役!

めちゃくちゃ似合いますね!

柴田富士子役:松嶋菜々子

なつを母のように育てた、なつの第二の母。

父である泰樹譲りのやさしさとたくましさを併せ持つ、筋の通った強い女性。

柴田家の中で唯一泰樹にモノを言える存在で、なつとの関係には戸惑いつつも、我が子のように育てていく。

明るく前向きな性格に、お菓子作りや料理も得意な活発な女性。

松嶋菜々子さんと広瀬すずさんの絡みって意外と初?

このコンビは見たことないですね!

柴田剛男役:藤木直人

なつの父の戦友で、なつの父との約束である、どちらかが亡くなった時はお互いの家族の面倒を見るという約束を全うし、なつを北海道十勝にある柴田家の牧場に連れてくる。

義理堅いやさしい男であるがゆえに、義父の泰樹にはいつも気を使っている。

なつを助けた張本人の剛男はこの先どう物語にかかわってくるのでしょうか?

柴田照男役:清原翔

なつのもう一人のお兄ちゃん。

父に似た性格をしており、まじめで責任感が強い。

要領が悪いため、祖父である泰樹や父から仕込まれた牛飼いの仕事はすぐになつに先を越されてしまいます。

泰樹からなつと結婚することを勧められますが、表には出さないものの、心の中ではそうなってほしいと願っています。

そして、僕も広瀬すずと何かの偶然で結婚できないかと心の中で思っています。

 

(笑)

 

スポンサーリンク



柴田夕見子役:福地桃子

なつと同い年の柴田家の長女。

はじめこそなつとの間にはわだかまりがあったものの、一緒に暮らしているうちに本当の姉妹のようになっていきます。

お互いの悩みを打ち明けたり、大嫌いだった牛乳がなつのおかげで飲めるようにもなりました。

なつの人に与える影響力がものすごいですね!

戸村悠吉役:小林隆

貧しい家庭に生まれて、15歳の時に豪農に奉公に出されますが、泰樹の牧場を手伝いに来た時、泰樹の熱さややさしさに惹かれて泰樹の右腕のような存在になります。

穏やかで楽しい性格をしていて、とても頼りになる人です。

牛のことならこの人に聞け!がキャッチフレーズ。

牛のお友達ですね。

戸村菊介役:音尾琢真

悠吉の息子で、北海道男児といえば菊介というような男性。

牧場経営での独立願望があるが、泰樹の牧場を大きくするという夢にも魅力を感じており、牧場仕事のなつの先生的存在に。

後々、照男の後見役となって柴田牧場を大きくすることに貢献します。

自分の独立よりも、お世話になった柴田牧場を大きくすることを目標にしたのですね。

柴田牧場を大きくして、今後の独立は考えているのでしょうか?

菓子屋「雪月」の人たち

小畑雪乃助役:安田顕

父の代から和菓子屋をはじめ、戦争で砂糖が統制品となり危機を迎えるかと思われたが、ビート(砂糖大根)を使ったアイデア商品を制作し、戦後の混乱を乗り切った雪月の店長。

柴田牧場で作るバターや牛乳を生かした創作菓子を開発することで北海道有数の菓子メーカーとなります。

バターとか牛乳のお菓子はほぼ確実にうまいという通説がありますね。(自分の中で)

いっかい雪月のお菓子食べてみたいですね。

小畑とよ役:高畑淳子

菓子職人である雪乃助の父のもとに嫁いで、わがままな夫に苦労して耐え抜いてきたことでとても強い性格です。

歯に衣を着せないおしゃべりおばさんで、常連客にもお構いなしに毒をはくような人物。

十勝のことならおまかせの十勝おばさんでもある。

毒舌なおしゃべりおばさんとは話したくないですね。

小畑雪次郎役:山田裕貴

お調子者で目立ちたがり屋ななつの同級生であり幼馴染の少年。

高校時代には演劇部にはまり、クラスメイトであるなつを部活に誘います。

高校卒業後、日本一の菓子職人を目指すためになつと一緒に上京し、なつを支える大親友です。

なんだか恋の予感ですね。

スポンサーリンク


苦労の多い山田家

山田天陽役:吉沢亮

なつに絵心を教えた人物であり、美術の才能がある。

ですが、才能はあるものの、貧しいために高校には進学せずに農業を手伝います。

躍動感のある馬の絵を描くのが得意で、その絵は繊細でもある才能を感じさせる作品です。

山田正治役:戸次重幸

天陽の父。

戦争で家屋を失ったため、一家で北海道に移住することに。

政府に支給された土地は荒れ地で、農業経験もなにもなかったので、開拓は断念。

郵便配達をして生活費を稼ぎますが、泰樹たちに助けてもらい、人並みの生活を送ることができるようになります。

山田タミ役:小林綾子

正治の妻で、東京育ちのおっとりとした性格。

近所の農家を手伝って、そのアルバイト収入で家計を支えますが、農業は苦手。

同じ東京育ちのなつを気に入っていて、泰樹のもとで働く天陽を訪ねたときに、ついなつと話が盛り上がってしまう。

遠い地に来てしまったら、同じ地元の人がいるとついつい話し込んでしまいますよねぇ。

わかります。

これで現在発表されているなつぞらのキャストは以上です!

2019年前期の朝ドラ次回作「なつぞら」は2019年4月1日放送開始です!

こんどは2019年後半の朝ドラ次回作「スカーレット」を見ていきましょう!

2019年後期の朝ドラ次回作は「スカーレット」に決定!放送開始は9月1日!

2019年後半の朝ドラ次回作は、焼き物の里、信楽の女性陶芸家である神山清子さんがモデルのドラマです!

スカーレットというのは緋色(ひいろ)という意味で、陶原の理想とされる色がこの緋色だそうです。

陶芸の窯をたく炎と熱く燃える情熱的な人生という意味も込められているそうですよ。

2019年後半、朝ドラ次回作「スカーレット」のあらすじ

モデルとなった神山清子さんの反省を、主人公である川原喜美子(戸田恵梨香)に置き換えて少女時代から描いていくドラマ。

大阪で生まれた絵が得意な川原喜美子は、戦後まもなく大阪から滋賀の信楽にやってきます。

少女時代は信楽で過ごし、15歳になった喜美子は大阪で就職します。

それから数年後、喜美子は地元の信楽焼に惹かれ、男性ばかりの陶芸の道を歩み始めます。

陶芸の道は厳しく、喜美子は奮闘の日々を過ごします。

すると、同じ志を持つ青年の陶芸家と恋に落ち、二人で理想の「クリエイター夫婦」を目指して結婚することに。

息子が生まれ、陶芸の跡継ぎとして成長しますが、あることで別れが訪れます。

辛い日々を過ごしていた喜美子ですが、陶芸への情熱は変わらず、日々困っている人を助けながら、独自の信楽焼を作るために奮闘します。

すると、喜美子が辛い状況にあるときは、かつて助けた人たちからの支えが。

喜美子はその人々を支えとして、陶芸の道をまた歩み始めます。

陶芸家として活躍する姿や、苦悩する日々を描きながらも、困っている人には手を差し伸べる。

そんな喜美子を助けようとしてくれる人々との物語ですね。

それでは現在発表されているスカーレットのキャストを紹介します。

2019年後半の朝ドラ次回作「スカーレット」のキャスト

川原喜美子役:戸田恵梨香

1937年に大阪で生まれた三姉妹の長女。

9歳で滋賀県信楽に移り住み、大きくなってから信楽焼に興味を持ち始めて当時は男性しかいない陶芸の世界に飛び込みました。

絵と柔道が得意で、陶芸にかける思いは誰にも負けません。

細かいことにこだわらない性格で、お人よしでもあることから、困っている人を助けずにはいられない、そんな人柄です。

戸田恵梨香さんが朝ドラの主演をするということで、なぜ最近ベテランの女優さんが朝ドラ主演に採用されることが多いのか?という疑問が多くあるようです。

元々朝ドラといえば新人の登竜門的な存在だったのに、まんぷくの安藤サクラさんに始まり、なつぞらの広瀬すずさん、そして戸田恵梨香さんと、若手とはいえない実績のある女優さんが起用され続けています。

なぜこのようなことになっているのでしょうか?

ある考えでは、現在朝ドラは視聴率というのを気にしている傾向にあるそうで、ベテランのファンの多い役者さんを使うことで、視聴率を上げようとしているのでは?と考えられています。

正直朝ドラは話さえ面白ければ見てもらえるので、気にすることはないと思いますけどねぇ・・・

まぁなんにしてもこれから朝ドラは話題が絶えなさそうですね♪

朝ドラ次回作2019年後期のスカーレット放送開始は2019年9月1日です!

2019年朝ドラ次回作まとめ

2019年朝ドラ次回作前期後期ともに紹介してきました♪

どちらも実績のある女優さんなので、面白くなること間違いなしですね!

それでは!

関連記事はこちら

>>「まんぷく」朝ドラのキャストは?相関図やあらすじのまとめ!

>>まんぷくの再放送はいつ?どこで?今まで見ていない人が見る方法とは

>>「まんぷく」はつまらない!?みんなの感想や評価、視聴率は?

>>福田靖がまさかのパクリ!?名脚本家がやってしまった失態とは?

>>まんぷくのロケ地はどこ?和歌山、同志社、明治村、ホテルの舞台など!